看護師の紹介予定派遣ナビ

看護師の紹介予定派遣とは?

看護師の中には、派遣スタッフとして仕事をしている人もいます。派遣というと通常は、派遣会社に登録してそこから派遣先を紹介されていって期間仕事をするというのを繰り返すのが一般的です。ところが看護師の派遣のスタイルの中には、紹介予定派遣と呼ばれるものもあります。

 

紹介予定派遣とは、まず派遣スタッフという名目で病院やクリニックで仕事をします。そして一定期間仕事をしてもらって、そこでもし看護師も病院側も引き続き仕事をしたいという合意を得ることができれば、そこからは正式な職員として仕事のできるスタイルを指します。期間に関しては短いもので1か月、長いもので6か月程度になります。一般的には、3か月程度で引き続きその医療機関で仕事をするかどうかの判断をします。

 

ちなみに継続の意思のない場合には、派遣期間が終了したと同時にその医療機関における勤務も官僚という形になります。看護師の方から継続を拒否することももちろん可能です。

 

看護師は紹介予定派遣で正職員と変わらない形で働くことができる

派遣やバイトのようないわゆる非正規雇用の場合、仕事の時間に融通が利きやすいといわれます。正規スタッフであれば残業を強いられるところも、非正規雇用であれば残業しなくてもいいというケースはたくさんあります。このため、派遣やバイトのメリットとして仕事をきちんとこなしながら自分のプライベートな時間もしっかりと充実させられるといいます。しかし同じ非正規雇用でも、紹介予定派遣となると話は変わってきます。

 

紹介予定派遣の場合、一定期間派遣の仕事をしてそして双方が合意をすれば正規職員として採用されるわけです。ということは、病院のスタッフも「いずれは正規スタッフとして仕事をしてくれる存在」とみなして対応してきます。このため、本来派遣ではなく正規スタッフのやるべき仕事もどんどん回されますし、残業などもしっかりと求められる可能性も十分あるわけです。

 

結構紹介予定派遣を希望する看護師の中には、見学のつもりで応募するケースもあります。そうするとかなり本格的に仕事を任せられて大変な思いをしてしまうかもしれないので注意してください。